残業と仕事の効率について

スポンサードリンク



みなさんは、残業してますか?

おそらく、日本中のサラリーマンは残業が生活に深く結びついていことでしょう。

上司の圧力、抱えた仕事、自分の能力、残業そのものが生活費の糧になっている等

いろんな理由があるかと思います。

私は、残業反対派です。

いかに定時間内で仕事して、それに見合うアウトプットをし利益を得るかが仕事です。

また、一番大事なのは自分の時間であり、定時後に勉強、交流、デート、家族との時間等

豊かな人生に必要な時間の確保が必要と考えるからです。

しかし、日本的には根性論を展開する方や出来る人に仕事が集中するのも事実で、

なかなか思う様にコントロール出来ない実情があるかと思います。

今本当に実現できたら良いと思うのは、それぞれのタスクに標準時間を設定し(出来れば価格も)

その時間よりも早く終われば終わるほどやっている人が得する事を事務作業レベルで出来たら良いと考えます。

事務作業と言っても会社や部署によって様々ですので、簡単には出来ないのは予想します。

別の考えでは、そもそも簡単に出来ない作業している事自体が無駄かもしれません。

いかに、数値化できる簡単な作業や仕事にすべきとも思えます。

あり得る状況として、自分の能力を超えた大量の仕事を抱えている場合ですが、上司が理解していても助けてくれない場合は

思い切って、一つの事に集中し、他の案件は捨てるのも手です。(もちろん相談して事前に知らせておく必要があります。)

それでも環境が改善しない、それをあなた自身の責任とされるのであれば、そんな会社はやめた方がいいです。

自分の能力にあった、新しい環境で自分の大事な時間を有効に使うべきです。

今のあなたは、あなたの想像していた自分です。未来を変えたいのであれば、今想像する事と変える必要があります。

ポイント

一度の人生です。もっとも貴重な自分の時間について使い方を考えましょう。

ぶりでした。ありがとうございます。感謝です。
スポンサードリンク



スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする