動画

TOEICとビジネス英語について

スポンサードリンク

スポンサードリンク


今回はTOEICを含めて英語について、

私なりの考えをお伝えしたいかと思います。

英語は基本的に好きな科目で、10年ほど前から読書で英語の本も読めたらなぁとの思いから多読を始めました。そうしている内に、世の中でTOEICが流行っている事、自分の英語力を何か客観的に図りたいと思い、試験を受け始めました。

最初は、400点台だった記憶があります。それから、テスト対策ではなく日頃の読書の成果を試す形で試験を毎年受けたのですが、數十点の上昇のみで500点台をウロウロしてました。

どこからか、本来の目的が外れて点数を取ることを目標とし、テスト対策をしたところ一気に100点以上あがり、最終的に800点台となりました。効果としてはビジネス英語の表現を覚えた事と、英文を早く読める様になった事です。

しかし、800点を超えた時に、ある違和感を覚えました。

「あれ!?このまま点数あげてもそれに見合った英会話が出来ない」(心の声)、むしろ点数が上がれば上がるほどそのギャップが広がるのではないかと・・・

そこで、選択と集中という事で、英会話力を伸ばすため、レアジョブで1日に1Hのレッスンを受ける事にしました。これは、外人に対する恐怖心や慣れを養うのと、言いたい事をどんな手段を使っても(どんな手段!?、幼稚な表現を使ってでも自分の意思、思いを伝えるって事です)言うのに最適でした。

今は、基本をしっかりしたいとの思いから、イングリッシュベルでDMEレッスンを受けてステージ9を受講中(ステージ12まであります)です。これは途中ですが、会話のレスポンスを上げるのとリテンションを上げるのに絶大な効果がありました。これで、P360では、外資基準の3.5以上が取れたと思ってます。

とは言え、英語はまだまだ入り口に立っている認識です。これからも多くの表現を学びビジネスだけではなく、世界の方々に日本の良さを知ってもらえるように精進したいと思います。本当に真面目な話でした(笑)

今回の評価

多読:★★★

TOEIC:★★★

レアジョブ:★★★★★

イングリッシュベル:★★★★★

スポンサードリンク




スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする