お客様は神様か!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク




商売、ビジネスをしていと必ず出てくる言葉があります。

”お客様は神様”と

私は、この言葉は好みません。

理由があります。

買う人は、その価値の対価としてお金を払い購入または体験するのです

その工程においては、対等かつ平等と考えます。

買う人、買った人が偉いみたいな空気は会社でも良く感じるのですが、私は間違っていると思います。

日本は、サービスに優れた国だと思います。

よって、そのサービスに慣れた国民はますますエスカレートし

高い要望、要求を出すようになります。

これは、おごりと言っても過言ではないと思います。

お客様の声は大事ですが、なんでも聞けば良いというものではありません。

お客様が良いと思うことを追求し、対応する事は大事ですが、

お互い取引をしている事も重要かと思います。

それは、買う立場となっても同じです。

”この価格で、このサービス、物を売っていただいてありがとう”となります。

それが、共存社会で生きて行く私たちの精神として基本的な事と考えます。

ポイント

お客様が神様ではありません、みんなが神様です。

人間は、お互い助け合って生きている。みんながいるから生きていける。

そう思ったら、すべての人に感謝して生きよう。

ぶりでした。ありがとうございます。
スポンサードリンク



スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする