幸福感と出来事を自分軸で捉えるについて

スポンサードリンク



今日もとても印象的な場面がありました。

それは、出来事を自分軸で捉えられない人の苦しみです。

自分の受けている環境や、結果を全て他人任せ、または他人のせいにしてしまい

その改善、変化等を他人に求める事です。

これは、自分で捉え方も変えれない、自分の行動で変わる事もないので

非常にフラストレーションが溜まります。

それだけでなく、それを解決する事も行動しないので、自分の成長機会も失う事になります。

この自分軸で行動できず、他人任せにする事は百害あって一利なしと考えます。

全ての事象は、自分で捉え方を選べて、変える事が出来るのです。

それは、幸せも自分で選べる事を言います。

逆に、これが出来ないと苦しみを自分で抱える事になります。

学校の勉強が出来て、学歴、プライドが高く、仕事は自分で選んだものしかせず

積極的に自分から行動出来ない人を見てきましたが、非常に残念です。

仕事の能力と姿勢から言えば三流と言わざるを得ません。

その上、自分軸で捉える事が出来ないとなると、誰も得をしない事になります。

ただ、反面教師としては非常に参考になりますので、その様な人間にならない様に

気を引き締めて生きていきたいと考えます。

ポイント

物事は自分軸で捉え、自分自身で解決しましょう。

ぶりでした。ありがとうございます。
スポンサードリンク



スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする