動画

組織とシステムで効率化

スポンサードリンク

スポンサードリンク



サラリーマンの方は、よく経験していると思いますが

日本人であっても日本語が通用しない、伝わらない

何度も同じミスをする、仕事のレベルに差がある等の問題に直面していると思います。

これは、どこの会社、部署に行ってもあり得る事で

人間は育った環境、能力が異なりますので

全く同じ能力を持った人がいるわけではありません。

よって、どんな仕事であっても、必ず差が出てしまいます。

これを、単なる能力の問題としその個人を攻撃したり

最悪の場合、首にする事もありますが、それは間違いです。

もちろん、犯罪者であったり、人格的に問題がある場合は別ですが

基本的には、個人の問題ではなく組織、運用の問題と考えます。

理由として、そもそもその人の能力は極端な差はありません。

パラメーターは異なりますが、総合し平気すると同じレベルになります。

よって、ほとんどが、その能力を見極めてなく

苦手な作業、仕事をさせている可能性が高いと思われます。

適材適所と言いますが、いかに能力を見つけて最大限に発揮出来る

作業、仕事にするのかが大事です。

また、人はロボット、コンピューターではないので必ずミスをします。

そうならない様に、組織、システムで補完しなくてはなりません。

問題が起きているのであれば、それが機能していない事になります。

人間は、感情の生き物ですので、なんでも機械みたいにシステム的に

行かないところはあるかもしれませんが、組織、やり方、ルールを

見直す事で、劇的に効率が上がる事は、多くの書籍でもうたわれており、私も何度も経験しております。

ぜひ、職場で問題があれば個人にフォーカスせずに、組織のあり方から検討する事を進めます。

ポイント

効率化や改善は、個人の能力にフォーカスせずに組織やシステムを見直そう!

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。
スポンサードリンク




スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする