動画

睡眠の質を改善する5つの方法 環境と行動に注目!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


睡眠は人間にとって最も大事な活動の一つです。

睡眠不足は、集中力の低下、イライラ、憂鬱、疲れ等

様々な症状を作り出します。

豊かな人生と生活のためにも、十分な睡眠を取るとともに

質の高い快眠をしましょう。

1.寝る前にアルコールを飲まない

  寝る前はアルコールだけでなく、食事も避けるべきです。

  胃に負担をかけた状態で寝ると、消化不良のみではなく

  消化に体の機能が使われて、十分に休む事ができません。

2.良いマットレス(ベッド)を使う

  質の良いマットレスは、睡眠の質を高めます。

  以前、京都のブライトンホテルでシモンズのマットレスで

  寝て以来、我が家でもマットレスを導入しました。

  約10年使ってますが、良いものは寝心地が良いだけでなく長持ちもします。

3.寝る直前にスマートフォン、PC等を使わない

  直前にこれらの機器を見ることは、脳を覚醒させる効果があり

  寝つきが悪くなります。寝る前の行動としてふさわしくありません。

4.規則正く寝起きする

  人間には、タイマーが備わってます。

  そのタイマーを狂わせると、体のバランスが崩れます。

  極端な例ですが、時差ぼけは正にわかりやすい症状ですね。

  適正な睡眠時間は、人によって5〜8時間で異なりますが

  寝る時間、起きる時間を決めて規則正しくしましょう。

5.適度な運動する

  これは、睡眠だけでなく健康な体を維持するにの必要な行動です。

  適度な体の疲れは、スムーズな睡眠誘導にも有効です。

人生の三分の一近くは睡眠時間です。
貴重な時間を豊かに、有効に過ごしましょう!!!

参考

point
    睡眠の質を高めて、充実した人生を!!!

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする