動画

音喜多駿都議の都民ファーストからの離党理由は?胡散臭い・嫌いとの声も?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


音喜多駿都議の都民ファーストからの離党理由は?胡散臭い・嫌いとの声も?小池百合子都知事の元で若くして活躍していた音喜多駿都議と上田令子都議が都民ファーストを離党し離脱する事になりました!衆議院議員選挙前の希望の党への影響も少なくないのでしょうか?それでは理由を探って見ましょう!

まずは、会見から

音喜多駿都議の離党理由は?

下記の3件が理由と会見でも言っております。

「都民ファーストの会」の情報公開の不徹底

代表人事が密室で3人で決められた、55人の都議員は

言論統制、取材規制、音喜多さんのメディア規制もあった

都民ファースト内が独裁的な体制であった

内部から改善を試みて、提案もしたが

組織改革に後ろ向きであった。

国政政党「希望の党」への抵抗感

詳細な公約が発表される前から

思想、政策、理念の異なる政治家が200人近くの人を集めている。

選挙目当ての野合と思えた。

この党を無条件で応援しなくてはいけなくなる。

小池都知事の都政に対する姿勢への疑問

小池百合子さんの政治姿勢、行動に疑念を持った!

東京都のオリンピック、パラリンピック豊洲問題等の課題が山積みの中で、国政に進出をしている。

都民ファーストの会の党代表を都知事職に専念する為に辞任したのに

期間をまたずして、国政の政党を立ち上げて自ら代表となったこと

都民ファーストの会そのものが情報公開、

しがらみのない政治含めて政策を達成できてないのに

希望の党が達成できるとは思えない。

これは、メディアを通してのコメントとなります。

記者会見の質問では?

”やっている事と言っている事が違う”と答えてますが

国政選挙への協力が耐えらなかった事が、

”許容範囲を超えていた”と言ってます。

本音はこのメディアコメントなのでしょうか?

音喜多駿都議に希望の党から国政への打診があったが

内容が明確になっていない、白紙であるのに

党の契約書にサインをする事を要請されているとの

コメントもありました。

これを断った事、更に打診があった事は

驚きでしたが、中身のない書類にサインをさせる

強制体制も恐ろしさを感じましたwww

本音についての噂

小池百合子さんに、最初から協力に支援していたのに

重用されなかった事

政党への巨額な上納金があった事

パーティ券(約2万円)処理の強要があった事

メディアに出れない、SNSができないのは

実は辛かった!?

胡散臭い・嫌いとの声も?

以前テレビでも総理大臣になるとか

ルイビトンで仕事していたとか事実と本音でしょうが

かなりビッグマウスな印象もあり

ネット上でも、特にTwitterではいろんな方から

噛みつかれている風景が見られます。

それだけ注目されているので

感情的ではなく、冷静に議論してもらいたいですね。

メンタリストのダイゴさんにも似ていて

生理的に合う方と合わない方が極端に多いかもしれません。

それだけ特殊な力、人の心に訴える力を持っているのでしょう。

希望の党の議員の打診があったのに断った事は

自身の政治理念に反するところがあって

許容範囲を超えていた?様子が伺えますが

将来、総理大臣になるのであれば

すべて綺麗事では進まないのではないかと思われます。

その辺は”君主論”を読んでいただいて

目的を達成するために、心を鬼にして

時には涙を飲んで、苦渋の決断をする事も

大事である事を学んでいただきたいです。

まとめ

「かがやけTokyo」の会派を立ち上げて

会派の幹事長となり、今は都政を全うするそうです。

(上田さんは政策会長をされます)

3つの方針として下記を掲げてます。

1.東京大改革のさらなる推進

2.都議会の情報公開徹底

3.自由闊達なコミュニケーションと政務体制

首尾一貫して政治活動を続けてもらいたいですね。

今後の政治姿勢をみなさんで注目しましょう!

小池百合子氏についてはこちら

小池百合子・衆議院選挙で希望の党での勝算は!?公約は実行可能?


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする