動画

小池百合子の評判は!支持率低下?希望の党から総理大臣になる?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


小池百合子の評判は!支持率低下?希望の党から総理大臣になる?自民党に夜衆議院議員の解散から一気に浮上した希望の党・既に200名以上の候補者を募り一気に政局を変える勢いのある小池百合子!巷では年齢の近いヒラリークリントンを例にして日本の総理大臣を狙っている噂も?

出典:http://www.metro.tokyo.jp

小池百合子の評判は!支持率低下?

衆議院議員解散宣言の直後で希望の党を立ち上げた時は

メディアも取り上げ、すごい勢いで支持を集めてましたが

今は反対勢力のネガティブキャンペーンもあり

(メディアを使った印象操作含む)

支持率が低下している様です。

先日、自らリーダーとなって運営している

東京都の希望の党からファーストペンギンと言われた

二人の都議員の音喜多駿都議と上田令子都議が離党となりました。

二人は

希望の党を結成し、政党としての公約が明確でない状況で

200名以上の議員を集めて国政に挑む小池百合子の行動に

疑念を持った事が原因と明言しております。

少なくともこのタイミングで足元を救われたのは事実でしょう。

特に音喜多駿都議はメディアでもよく取り上げられ

都議としての知名度は高く、

彼にも希望の党として衆議院議員に立候補する様に

オフォーがあり、上記の理由から断った事は本人の口から

はっきりと言っております。

また、今や何の力もない民進党議員の受け皿になっていたのですが

希望の党に入党するにあたり、その選別する行為に対して

いろんな噂や憶測がありました。

これは、小池百合子氏の力を恐れた自民党勢力が

関連の深いメディアを使って印象操作している事も

大いに考えられます。

むしろメディアはその代表的なものだと思ってください。

小池百合子氏のTwitterや行動、公約を見て自分自身で判断する

情報収集力と判断力が求められます。

個人的には、国会議員であった頃からTwitterを

見てましたが、英語力含めてかなり知識、見識があり

考えもしっかりされた方との印象があります。

ただ、人間は完璧ではないので

自分の弱点を補う人材を登用し

強みを伸ばす組織運営が望まれます。

大物なので細かい配慮ができない事が想像されます

(おときた氏の記者会見のコメントから)

側近に細かい事を整理する事が得意な人材の登用

右腕となるブレーン的な人材の登用

不倫報道にならない有能な女性議員の登用等が望まれます。

(野田聖子さんあたりは?、自民党員は無理がありますね)

希望の党から総理大臣になる?

安倍晋三自民党からすると、民進党の力不足、野党連合の不調

小池新党の準備不足を狙って、党利を最大限に狙った衆議院議員の解散でしたが

解散宣言が早くて、実は希望の党の準備が進んでいる状況です。

とはいえ、いくら人気があっても政党助成金が無いので

選挙を戦うにはかなりの苦戦となる事は明白です。

大阪では維新の会との連携が飛躍のポイントと言えますが

橋下徹さんとどこまで協力できるのかがキモとなります。

今のところ小池百合子氏本人は出馬しないとの情報があり

この状況では選挙に勝って総理大臣を目指すとの噂は

かなり飛躍したメディア情報では無いかと思われます。

しかし、衆議院議員で地盤を固めて

その後にある参議院選挙で立候補となり

更に議席を伸ばすとなれば、このシナリオは

かなり現実味を帯びてきます。

まとめ

小池百合子さんのメディアの報道や自身の発言、方針により

人気は日々乱高下します。

我々は冷静にその情報を理解し(決して鵜呑みにしない)

自分の判断で行動すべきと考えます。

今は無いが、今回の衆議院議員で一定の成果をあげて

次の参議院選挙に自ら出馬し希望の党の飛躍と

当選をすると総理大臣の可能性もありえます!

国民としては、国民の利益を最大限にする政治家を選びたいのですが

どうも2、3世議員、党は違うがいつもの顔ぶれで国民の税金を盛大に使う

壮大な椅子取りゲームを繰り広げるやり方に関心がなくなっているのも現実です。

少子化問題、北朝鮮、中国、アメリカ等の外交問題、原発問題、年金問題等

解決しなければならない問題が山積みです。

党利、党略とならない

真の国民、国家利益になる政治をしてもらいたいと思います。

関連記事

小池百合子・衆議院選挙で希望の党での勝算は!?公約は実行可能?

小池百合子・初の日本女性首相の可能性は?ユリノミクスが鍵!?

音喜多駿都議の都民ファーストからの離党理由は?胡散臭い・嫌いとの声も?

安倍晋三・支持率低下で選挙惨敗?!70議席以上激減で首相交代!?


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする