神戸製鋼復活の可能性とそのシナリオは?外資か国の支援[国税投入]か!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


神戸製鋼復活の可能性とそのシナリオは?外資か国の支援[国税投入]か!繰り返し根深い不正問題が発覚し危機的な状況の神戸製鋼!このまま突き進めば連結3万人以上の従業員は路頭に迷う!沈没しかけている神戸製鋼は復活の可能性があるのでしょうか?今回はそのシナリオを考えてみたいと思います。

神戸製鋼復活の可能性

現時点で不正の全貌がすべて明らかになっていない状況では

判断はできませんが、復活の可能性は残っていると考えます。

それは・・・

一度倒産、精算する事です。

おそらく、アメリカ司法省が動き出したので

膨大な制裁金を要求する訴訟を起こす可能性が高いと考えます。

それを会社を維持したまままともに払っていたら、

会社は復活できません。

日本の法人には、倒産し精算するという徳政令があります。

これを利用して一度精算する事が手取り早いと考えます。

銀行筋は、膨大な株を持っているので負債となり

やりたくないシナリオですが、将来取り戻せます。

*残念ながら

ここで、銀行を守るのに税金が使われる可能性もあります

一度精算し、次の経営者に0から託して復活し

上場を再度果たせば、そこで膨大な上場利益を稼げます。

とはいえ、前提はすべての不具合を明確にし

後から何も出てこない事が前提となります。

(後から出てきたら、新会社の復活の大きな妨げになるので

すべての膿を出し切るのが前提です。)

スポンサードリンク

部分的に生き残る道

こちらの方が現実的ですが

部門を切り売りする方法があります。

(日本の企業に売る事を前提にしてます)

神戸製鋼の名前は無くなるかもしれませんが

技術やノウハウ、社員は生き残れます。

業界の再編にもなりますので、ある意味一石二鳥かもしれません。

問題は、どの部門をどこに売るのか!?となりますが

これは部門の内容と相手次第です。

外資か国の支援[国税投入]か!

身売りする場合は、外資か国の支援かとなりますが

どちらも国民感情的には面白くありません。

外資の場合

外資と言っても最近は中国や台湾企業が力を持ってますので

日本の技術の流出につながります。

また、欧米であっても状況は同じで歯止めがかかりません。

M&Aは実は70%が失敗するとデーターもあり

結局文化が合わず衰退する可能性が高くなります。

(30%の成功に掛けるのも手ですが)

おそらく移籍した社員は間違いなくリストラの対象となります。

国の支援

これは国民の反感が一番多いシナリオで

国税をつぎ込んで支えるパターンです。

アメリカまたはその他の国に訴えられて

その損害を国が肩代わりするのは

相手には誠実な対応ですが、

要求そのものが常識を超えて、度がすぎている可能性があり

それを税金で賄うのはかなりの抵抗がありそうです。



まとめ

神戸製鋼は復活する!

ただし、その前に大きな痛みを伴う。

最短は、一度精算し借金を帳消しにして

新たにスタート切る。

これに限ります。

ここまでの企業になると、国民が全く関係ないとはなりません

どの過程においても何らかの税金が使われます。

国のためにも、自分たちのためにも、働く社員の為にも

みんなで知恵を出してこの難局を乗り越える必要があります。

関連記事

神戸製鋼倒産の可能性は!?社員の給料はどうなる?取るべき行動は!

神戸製鋼のデータ改ざんは内部告発で発覚?何が危険で注意が必要か!

神戸製鋼社員の心境は!?倒産リスクと日々のニュースでどうなるか不安?


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする