メガバンク・銀行が大リストラ時代に突入!社員の心境・取るべき行動は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


メガバンク・銀行が大リストラ時代に突入!社員の心境・取るべき行動は?ITやAI化が進む中で銀行員の存在意義が問われてます!バブル時代では誰もが羨む憧れの存在でもあった銀行員・時代の急激な変化で大リストラの危機に直面してます!メガバンクや銀行で何が起こっているのでしょうか?

銀行が大リストラ時代に突入!

リストラ情報として

三井住友銀行:約4,000人

三菱UFJ銀行:約9,500人

みずほ銀行:約1万9,000人

大手だけでもとんでもない人数です。

中小も入れると10万人以上になるのではないでしょうか?

なぜリストラ?

環境の変化

AIやフィンテック(金融とITの融合)の進化で

店舗が減って行きます。

その分そこで働く行員は不要となります。

また、近年のインターネット環境の普及

ネットバンクの躍進、コンビニ、電子マネーの普及等で

お金の流れが銀行を経由しなくても

成立する環境が広がってます。

マイナス金利

今まで内部資金を国債で運用してきたが

マイナス金利政策によりもうけが出なくなった。

もうけ口がなくなればその担当は不要となります。

それで賄っていた人も雇えなくなります。

仮想通貨の普及

ビットコインが一番有名ですが

お金の代わりに仮想通貨が普及し始めてます。

いろんな種類がありますが

どの仮想通貨基本的に世界共通で使えるので

国ごとに両替したり、送金手数料がかからりません。

これは銀行の利益業務を完全に奪ってます。

取るべき行動は

見極めが大事です。

これは銀行に限った話ではありませんが

AIに出来ない能力や分野を見つけて

自分の居場所を見つけるのが得策かと思います。

具体的には、下記を参照ください👇

他の会社に移動する場合

まずは、自分の能力を棚卸ししましょう。

転職サイトに登録し、どんな能力が求めらえているか

市場の要求レベル、需要を把握しておく事が大事です。

自分自身で選択肢を持つことはサバイバルの世の中では必須!

どんな銀行にいても間違いなくリストラは実行されるので

自分のペースで辞めれる様に準備する事が生き残る秘訣と

なるでしょう。

(会社のペースだと年収がダウンするかもしれません)

今は幸いにも人出不足です、またどんな時代でも

優秀な社員は喉か手が出るほど欲しい状況

大手であればネームバリューも使えますから

今と同等レベル以上の待遇で迎え入れる会社もあるでしょう!

実はチャンスと捉えて早く行動したほうが良い結果になるかもしれません。


会社に残る場合

会社をこよなく愛しているのであれば、この選択になります。

AIに出来ない、貸し出す会社を見極める能力、感性を磨いて

将来化ける事業をしている、しそうな会社を見つける

コンサルをしてその様な会社に変貌させる。

そんな能力を高める必要があります。

儲かっている、安全な会社は誰でも見つけれますし

特にお金を借りる必要もありませんので

感性が問われます。

おすすめの生き方

今すぐ転職する気が無くても、自分の能力を棚おろしし、

どんな事態になっても行動できる準備はすべきと考えます。

たとえば、会社から希望退職があれば、会社都合になるので

退職金が多くなります、それまでに目星を付けて構えておく等です。

若い社員(20代)は退職金は全く期待出来ないので

銀行員のブランドを利用して、景気の良いうちに待遇の良い会社に

すぐにでも移動した方が、長い人生でみたら得策ではないでしょうか?!

まとめ

かつては、一流大学を出て就職を目指した花形職業の一つである銀行!

今、その銀行も急激な環境の変化(AIやフィンテックの普及)に変革を求められてます。

大リストラが既に始まっている銀行業界!

たった一度きりの人生です。

市場が活性化している今のうちに、得意な能力を生かして

そして、この事態を逆にチャンスと捉えて

乗り越えて行きましょう!

ダーウィンの言葉

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である。

関連記事

転職サイトの利用とそのメリットについて

メガバングでリストラ!?エリートも失業する理油は?○○の普及と恐怖!


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする