車の自動ブレーキは、本当に安全か、必要な時に効くのか!?

スポンサードリンク



最近車の安全性能はどんどん進化してますね。

我々にとって、健康と安全は第一になります。

車は安全を最優先に選ぶのは一つの方法ではないでしょうか!!!

既に多くの車両に装備されてますが、

そろそろ、車の自動ブレーキが義務化されそうですので

それらの方式と効果を理解し、車選びの参考にしたいと考えます。

ブレーキと言っても、色んな項目があります。

フルブレーキした時の制止力、制御バランス、自動ブレーキの性能

今回は、注目している自動ブレーキの種類と性能を比較します。

前提として自動ブレーキは注意が必要です。

自動ブレーキと言っても所詮、補助装置です。

ブレーキする行動を助けるレベルと捉えてください。

基本は自分の運転によって車両をコントロールする事が必要です。

ミリ波レーダー方式

 クルーズコントロールを装着している車両はこの方式です。

 高速でも制御可能。人、自転車等は認識できません。

 値段は6〜10万

赤外線レーダー方式

 主に低速(30Km/h)以下で制御可能、主に軽自動車で採用されてます。

 人、自転車等は認識できません。

 値段3〜5万

カメラ方式

 映像検知方で、車両だけでなく人、自転車等も認識可能

 自動ブレーキ(完全に停車する)を装着しているのはこのカメラ方式となります。

複合方式

 上記を組み合わせ、制御する方式で

 車両と人、自転車等をコストを性能のバランスを取って

 車両のグレードに合わせて設定されてます。

簡単な見分け方として、何の制御方式か、

オプションであればいくらほどかを見ると

だいたい把握可能です。

ぶりのランキング(私の調査結果と私見となってます)

1.VOLVO

 インテリセーフ

 全ての車両にグレードに関係なく装備されている

 完全自動ブレーキを最初に開発し、人、自転車等も認識する

 私の知り合いは、生まれつき若干視覚幅が狭いのですが

 この車両でないと怖くて乗れないと言ってました。

2.SUBARU

 アイサイトは複合方式の代表で、日本の安全技術の先端を行ってます。

 グレードで装着していない車両がありますが、SUBARUを買うのに

 アイサイトを装着するのは必須と考えます。安全がお金で買えます!

https://www.youtube.com/watch?v=XHKMj07N1iM

3.MATSUDA

 他車と比較してリコールも少なく、車そのものが信頼性が高い。

 i ACTIVESENSE は、28年の予防安全評価の中で

 エントリー11車中で、NO.1となりました。

 全車両に展開される事を望みます。

http://www.nasva.go.jp/gaiyou/pdf/2016/161201_1.pdf

4.MERSEDES

 レーダーセーフィを無料(実質標準)にしてます。

 後方からの衝突(オカマ)に備える装備があります。

 また、最新のE classは、歩行者回避する際の急ハンドルの復帰サポートや

 半自動運転に近い性能があります。

 他のクラスにも展開される事の望みます。

5.TOYOTA

 SUBARUは子会社であり、技術を共有してます。

 資金も豊富で、直ぐに他者に追いつきます。(追いついてます)

 気持ちとしては、自ら先頭を行って欲しい

軽では、トヨタの子会社のダイハツ、安全評価でNO.1であった

本田のNワゴンでしょうか。

しかし、軽は構造上どうしても衝突安全には不利であり

できれば普通乗用車にすべきと考えます。

Googleは自動運転をアメリカでテストしていると聞きます。

自動ブレーキが多くの車で標準化されれば次は

自動運転かもしれませんね。

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする