政治家って横領しても返却したらOK!?

スポンサードリンク



さて、富山を発端に、政治家の横領が全国的に駆け巡っております。

そもそも、富山では市議会議員が、月給が60万以上ある現状に不満を覚え、10万円UP法案を市民の感覚とかけ離れながらも強引に可決したところから始まってます。

いきなり10万円UPの感覚はどれだけ浮世ばなれしているかは、サラリーマンの方ならば直ぐに感じ取れます。春闘でトヨタの7、8千円が凄いレベルですからwww

10万円は、パートやアルバイトの一ヶ月分の給料にもなります。

横領で、数百万を毎年やっている感覚の議員であれば、10万円は控え目な額だったのでしょう。

10人以上が議員辞職した富山では、補欠選挙が実施されます。選挙は1回で1億円以上の経費が掛かるそうです。それが税金です!!!そのあとに、任期満了となり1年も経たないうちに総選挙もあるとか!!!また、1億以上税金を使います。

正直、勿体ないので今の人数のまま任期満了までやっていただくのが良いとさえ思ってしまいます。

経費やお金は使い切って、世の中に貢献するって考えもありますが、ほとんどが趣味のゴルフや自分の為に使っていたと聞きますと寂しくなります。政治家としてやりたい事があったが、お金が足りないからという事であれば、まだ救われますが。。。残念!

ところで、横領を認め全てを返却しておりますが、一つ疑問があります。会社であれば辞職というよりクビですし、世の中でもお金を盗んだら逮捕されます。議員は「ごめんなさい」=終了!?なのでしょうか?

意図的でなくてもグレーな感じですが、意図的ならば完全にクロ判定と思います。判決は世論、警察、裁判に任せるとして、

最初の話に戻りますが、そもそも10万円UPを強引に可決しなければこんな事は発覚しなかったかもしれません。(不正が見つかって良かったのですが)今回は、自分の取った行動が自分自身に跳ね返ってきた事がハッキリしてます。

不正をしていた → 社会的制裁を受けた

世間を無視し、強引にお金を増やそうとした → 政治家生命の終焉

今回は、学ぶ事が多くありました。

ポイント

自分の行動は、何らかの形で自分自身に跳ね返ってくる。

そう思えば、どの様な行動をするかは明白ですね。

今日も、ありがとうございました。感謝です。
スポンサードリンク



スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする