自己中の特徴と対処法は!直すより病気だと思って対処すると楽!

最近、かなり強烈な体験をしました。

人の意見を聞かない、自分が一番、ミスは全て他人の責任、すぐに忘れる

という、とても自己中心的な人と仕事をする事になった事です。

普通の会社ならとっくにクビになると思いますが

組合が強く言いたい、やりたい放題となってます。

こんな人とでも、最近は仕事をやっていける様になりました。

ある意味修行僧、仙人の様な境地ですが、相手を理解しようとしたら

ある時から、かわいそうになり、自分の接し方も変わりました。

その人は双子で、もう一人といつも比べられていた

おそらく、その人よりも劣っていたので自信がなく劣等感で満たされていた

少しでもよく見られる様に、自分が一番だと言い聞かせ

都合の悪いことは受け入れない性格となった

よって、ミスをしても全て他人や周りの環境の問題とし

自分は一番だと主張する様になった

相手に考えさせる暇は必要ないし、興味もないので

人の話を聞かないで、自分の事ばかりを言う様になった。

こんな環境で育ち、他人軸で生きていたら

全て思い通りにならないので、いつもイライラし結果的に自分を責め続けている事になります。

それを理解した時から、まるで病気でありかわいそうに思える様になりました。

そこで、自己中の特徴を把握し、接し方、考え方を変えて

苦痛ではなく、天使の心で見守れる様になる方法を紹介します。

自己中の特徴

  • プライドが高い
  • 想像力が低い
  • 他人を批判する
  • 自分が一番
  • 人の話を聞かない

自己中への接し方

  • 相手を変えようと思わない

基本的に自分が一番です、変えようとしても時間の無駄となります。

  • 適度な距離を保つ

最低限の接触にする。あなたの時間を優先しましょう。

  • 相手の言葉を受け流す

受け止めると身が持ちません、右から左へ聞き流しましょう。

  • 感情を刺激しない

基本的に短気なのでプライドを傷つける言葉は使わない様にしましょう。

  • なぜこの様な人間になったのか考える

これは、最強の方法です。育った環境を聞くと大抵原因がわかります。

そしてそれは病気に近い症状であり、不治の病に匹敵します。

誰も末期症状のガン患者に、これ以上苦痛を与えようとはしないと思います。

自己中の人は、いつもリストカットしている様なものです。

自分の行動は結局自分に跳ね返ってきます!

自己中と衝突すると自分も結局その人と同じ次元となり、自己中になってしまいます。

それは滑稽ですよね!

相手を理解し、その方は不治の病で自分自身に悩まされている存在だと知る事で

穏やかな天使の心で見守れるのではないでしょうか?

ぜひ、悩みぶつかりあって自分が低次元に引き込まれない様に、崇高な気持ちで接しましょう!!!

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする