日本の文化と職人を守る

スポンサードリンク



こんばんは、ぶりです。

突然ですが、買い物する時は、何を基準に選びますか?

コスト、見た目、第6感、人からのオススメ等あると思いますが、私なりに基準があります。それは、それに携わっている人を応援したいか否かです。

即ち、多少コストが張っても近所の人に工事を頼む、知り合いに年賀状を頼む、海外より日本製品、県外より富山産等です。

これには理由があります。

その人達を応援する事によって、ますます栄えてもらいたい気持ちが強いのと、結局見えないサービスが不可され結果的にコスト優先よりも徳をするのを経験的に得ているからです。

よって、最近は電化製品でもアマゾンではなく、近所の量販店で買います。地元の人が働いている会社を応援するのです。その人は、その稼いだお金で近所で買い物をします。そして地産、地消が進む事になります。

と、言いながらネットは当然便利ですので良く利用します。特に24時間営業なので夜中でも朝方でも自由な時間に変えますし、ポイントを貯めてさらに商品を買うこともできます。その時は、自分の時間を優先してます。(また、時間を作って買う作業が無駄になるので、即決、即断でいきます。)

さて、本流に戻りますが

今本当に心配なのは、日本の物作り技術、職人の伝承者が減っているのではないかということです。本当に素晴らしい技術がありますが、人口減、生活が厳しい等でその技術を継承、続ける事がだんだん難しくなっているのではないでしょうか。私は、その製造技術、国力をなんとしても守る必要があると考えます。

これが無くなったら、資源の無い日本はお金を稼ぐことが出来ません。それは、将来的に国の衰退、大げさに言うと倒産、滅亡につながります。こういう流れになると、過去の日本が過ちを犯したように、他の儲けている国が仮想敵国となり戦争に繋がる可能性も高くなります。

豊かな国になるには、適度な農業生産と工業技術力は不可欠です。それは、お金は基本的に物作りから始まっているからです、(物物交換が後のお金になった歴史が物語ってます。)

日本の技術と伝統を守る事を考えてみましょう。

ポイント

応援したい会社、人から物を買う。

ありがとうございます。感謝です!

スポンサードリンク



スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする