大学の奨学金は借金そのもの?返済は大変で社会人になって地獄見る!

受験を終えて、晴れて4月から大学に進学する方が

多くいると思いますが、昨今進学率が50%を超えているそうですね。

約半数の高校生が大学に行く事になります。

そこで本人にとって大変になるのは、その時の費用となります。

入学金、授業料、生活費(住居、光熱費含む)があり

多くの学生が奨励金をもらわないと学習できない環境となってます。

その割合も約50%以上と聞きますから、半数以上の学生が

金銭的に厳しい環境になってます。

またその環境は卒業しても続きます。

卒業し、就職した後にその費用=借金を払わなくては

ならないからです。

これが非常に大変で、約300万以上の額、人によっては500万以上を

会社員としては最も薄給の新入社員の時から払うわけですから、

簡単にいかないのは容易に想像できます。

将来の為、特に結婚を考えて貯金する必要がありますが

返済が優先されるので、ほとんど出来ないでしょう。

これは、晩婚化の原因にもなります。

また、晩婚だけならいいですが、婚期を逃すと結婚しない

できない人も増えます。

これは、日本の少子化の原因にもなっているのではないでしょうか?

それでも、大学を卒業して就職できればまだ支払いはできますが

就職浪人した場合はもっと悲惨が状況となります。

仮にアルバイトをして、返すとなると額は正社員より少なく

もっと生活が苦しい事は容易に想像できます。

また、就職浪人となると翌年の就職活動は更に厳しいでしょう。

普通に、1年アルバイトして生活していた就職浪人を採用したい企業は

まず無いと思ってください。そんな人に魅力を感じません。

そこで、今一度本当に大学で何を学びたいのかを

よく考えてもらいたいと思います。

借金をしてまで学びたい内容があるのか?という事です。

大学在学中に将来なりたい職業のために必要な資格があって

その目的があるのであれば大学卒業は必須となります。

医者、薬剤師、教員、弁護士等はその様な資格が必要ですね。

しかし、起業したい、役者になりたい、職人になりたい

漁師、農家、お店等で、後継であればその様な学歴は全く不要です。

不要な資格のために、借金までする必要はありません。

そこで

私でしたら、このお金を使って世界一周します。

各地を回り、気に入った場所があればアルバイト等しながら

現地で友人を多く作り、いろんな国の文化、言葉等を学んで

将来のビジネスに繋げる事を考えます。

芸能人で言えば、猿岩石の有吉さん、ドロンズの2人(名前忘れましたwww)

珍獣ハンターのイモトさん、海外ロケの多い出川さんは

異文化の経験が豊富なので、芸能人としてだけでなく

たとえ一般社会に出ても、容易にビジネスができると思います。

それは、ビジネスとしては、世の中の困りごと解消、ギャップの穴埋めが

お金になるので、

現地で身につけた生の世界感(日本でテレビや写真を見てもわかりません)や

国ごと、または日本との様々なGAPに気がつくと大変有利だからです。

簡単な例で言うと、同じ製品でも日本と外国では値段が違います

税金や関税を別に考えると、そのギャップがビジネスチャンスな訳です。

よって、どこかの国で流行っている料理、お菓子、スイーツがあれば

それを日本や他の国に持ち込めば成功する確率は高いでしょう。

そもそも起業されるような方は、大学在学中に夢中になる事を見つけて

その仕事に没頭する為に中退する人が多いですね。

あの、ビルゲイツもスティーブジョブスも中退です!!!

借金地獄を味わう必要はありません、

幸せな未来の為に、周りに流されるのでなく

自分で考えて、本質を見極めて行動しましょう!

本当に借金してまで大学に行く必要がありますか?!

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする