北朝鮮のミサイルの目的地は日本?トランプは発射前に戦争する?

スポンサードリンク



北朝鮮とアメリカ、中国、韓国、日本との緊張が

高まってます。ロシアも軍隊を北朝鮮の国境付近の警備に

当てているとか。

北朝鮮は、中国との関係が悪化しており

今までの様に後ろ盾がありません。

唯一ロシアが、アメリカや中国に対して

中立的な立場でいますが、

いざ戦争になれば国境を守る為、

北朝鮮に軍を投入する可能性もあります。

北朝鮮は、アメリカの圧力に屈しない様に

今まで通り、強気の姿勢で核をチラつかせ

対決姿勢を見せてます。

30発近くの核を保有しているとか

実は持っていないとか、いろんな説がありますが

我々にとって驚異になっている状況です。

アメリカの空母カールビンソンが日本海に入りました。

空母が入れば、北朝鮮本土への爆撃体制が整っている事になります。

ソウル、東京がミサイルや核のターゲットと言われますが

核攻撃そのものは現実的には考えにくいと思います。

北朝鮮にとっては、アメリカ(日本にある)や

韓国の軍議基地を攻撃しないと

自国の攻撃を防ぐ事はできません。

いきなり核ミサイルを使う事は、狂人のする事です。

一国の長がそこまで異常な国は世界中にないと信じてます。

また、核は何らかの形で自国にも被害があります。

核はあくまでも、抑止力に使う手段です。

ただし、戦争に入り長引けば最終手段として

自爆行為で使う可能性があります。

これには、しっかり抜け道を作り

完全に追い込んで逃げ道を塞いではいけません。

では、

ミサイルは、どこを狙ってくる可能性が高いか?

米軍の基地、大都市、原子力発電所がターゲットになる

と考えます。

理由として、相手に大きな被害を与える事ができるからです。

米軍の基地

沖縄(普天間)

山口(岩国基地)

東京(横田基地)

神奈川(横須賀基地、厚木基地)

青森(横田基地)

長崎(佐世保基地)

大都市

東京、大阪、名古屋

原子力発電所

北海道から九州まで全国にあります。

(地図:日本原子力技術協会より)

ミサイルが発射されて5〜10分後には

着弾するとなるとJアラートが鳴った頃には

すでに爆発している可能性が高いと思われます。

実際に日本に向かってミサイル攻撃されると

迎撃できない限りは、防ぐのが難しいのが実態です。

正直、自分がいる場所にミサイルが落ちたら

防ぎようがないのが現状です。

本当にミサイルのリスクを回避したいのであれば

危険の少ない、地域に移民するしか方法がありません。

巻き込まれない国として

東南アジア、オーストラリア、南米あたりが

候補になりますが、ミサイルが怖くて

眠れない方は参考にしてください。

今回の緊張はどうも、ロシアとアメリカの

戦争屋の思惑が、北朝鮮を使って

事を煽っている様にしか見えません。

トランプさんは、会話の用意があると

明言していたので、どうか感情的に

ならずに、この難局を会話で乗り越えて

もらいたいと願います。

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。 スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする