スポンサードリンク




ホワイトハッカーがNEM[ネム]の被害者を救う!仮想通貨は安全になる?

ホワイトハッカーがNEM[ネム]の被害者を救う!仮想通貨は安全になる?先日Coincheckから不正なアクセスがあり580億円相当の金額が盗まれる事件がありました!仮想通貨のNEMが対象で5億2300万NEMの行方がホワイトハッカーに委ねられているとのことです!それでは内容を見てみましょう!

ホワイトハッカーとは?

NEMのコミュニティに日本人がいて

この開発者がNEMのモザイクという技術を使って

今回盗難した仮想通貨にマーキングし

その流れを追跡し、犯人を特定しよとしてます。

その様な人を、世間ではホワイトハッカーと呼んでます。

仮想通貨のブロックチェーンすら理解していない中で

今度はその通貨に印をつけてその通貨の流れから

犯人を特定するまで技術が進んでいるのか?と

驚くばかりです。

もし、この技術で犯人が捕まれば

逆に仮想通貨の安全性といいますか

たとえ盗まれても使った人が特定できる?!となり

今の現金以上に安全な印象となります。

こうなれば

今後仮想通貨は飛躍的に利用者が増える事になるでしょう。

水無凛さん[みずなしりん]さんとは?

みなさんの寄付で

NEMファンデーションの活動を

ボランティアでされている方の様です。

栄養ドリンクはウエルカムの様ですねwww

犯人は見つかるのか?!

コインそのものではなく、犯人の財布にマーキング?!

と言う事は、犯人の財布は特定されているとなりますね。

ただし、その持ち主が誰かはわからないのでしょう。

そうなれば、犯人は通貨を移動してもその先がわかるので

盗難のあった通貨である事がわかり

受取人がもらっても危険なので

それを拒否すればその通貨は意味をなさないとなります。

580億相当を一部でも拒否する人がいるのか

疑問も残りますが

移せない、使えないとなれば持っている意味もがないので

少なくとも犯人を追い込む事は出来かもしれませんね。

犯人は特定されている?

まさか、北朝鮮の工作員?!

いろんな想像できますが。

仮想通貨は安全か?

仮想通貨そのものは危険か安全かというと

自分の手元に持っていれば、そのものがなくなる事はありません。

今回の様に取引所に預けている事が

かなりリスクが高いとなります。

2014年にマウント・ゴックスが

ユーザーから預かっているビットコインの

全てをハッキングにより盗まれて

当時、ビットコインは暴落し

マウント・ゴックスは経営破綻となりました。

今回のコインチェック[Coincheck]は

他の仮想コインは盗まれていない様ですが

口座が正常になれば

間違いなく利用者は一斉に通貨を手元に置くか

日本円に変えるので

即倒産となるでしょう。

これは銀行も同じで、みなさん貯金を銀行から

一斉に下ろしたら銀行は倒産しますよ。

実際は、運営している資金の10%以下しか現金を

持っていませんので。

まとめ

コインチェックで仮想通貨のNEMが不正に

盗まれてマウント・ゴックスのビットコインに続いて

大きな事件となりました。

今回はホワイトハッカーが登場し

仮想通貨の通貨そのものの透明性を駆使し

犯人の財布は特定している様です。

ここで犯人が捕まれば、また不正に使えないとなれば

仮想通貨の付加価値は一気に上がる事でしょう。

マウント・ゴックスの事件後に

ビットコインは暴落しましたがその後

みなさんが承知の通り、飛躍的に普及し

価格も数百倍になりました。

もしかしたら

NEMは今後

数年後になるかもしれませんが

ビットコインの様に化ける仮想通貨になっているかも

しれませんね!!!

投資は自己判断でお願いしますwww

関連記事

ビットコインは理想の通貨か罠か!?投資とリスク回避を検証!

仮想通貨[ビットコイン]を購入した・しそうな芸能人は?!利益確定?

ビットコインの未来は?予想価格と取るべき対策とは?今から間に合う?

国が仮想通貨[暗号通貨]を規制・取り締まる理由は?利用者のメリットは?

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする