インフルエンザの予防接種は本当に有効なのか!?実は宝くじ見たいもの!?

インフルエンザが猛威を振るってますね

昨年は、我が家も全員感染しましたが、予防接種していない

私が一番症状が軽いという、皮肉な経験を。

そこで、色々と調べて見ましたが

どうも予防接種の有効性はかなり低いどころか

ワクチンによっては、有毒な成分も含まれており

接種そのものを良く考える必要があると結論づけました。

有効率は子供で、20〜50%、大人で50〜60%レベルの様です。

確率が下がると考えれば無駄ではない様ですが、

想像していたよりもかなり低い確率ではないでしょうか?

接種してから約1〜2週間の抗体が出来る期間が必要で

効果も3〜5ヶ月と言います。なので、毎年流行りそうなワクチンを

予想して接種する必要があります。

では、本題の予防接種を進めない理由

1.ワクチンそのものの有効性が低い

先ほど述べた様にせいぜい50%の確率です

学校で、強制でなくなったのは効果が無いことが判明したので

反対運動が起きてなくなったそうです。

2.ワクチンによっては毒性のある成分が含まれる

ワクチンの中にある保存料に水銀が含まれている

副作用で死亡例もあるくらいです。

3.毎年お金がかかる

5人家族で15000円以上もお金がかかります。

ワクチンは数百円の原価ですが(汗)

卵の数十円の安いものを買うのに店を選ぶ家庭が

効果が低いワクチンにはお金をかけるのは意味不明。

4.インフルエンザは基本休めば治る

基本的な体力があればかかっても休めば治ります。

薬も進んでいて効きが良いです。

5.流行する型を当てるのは困難

ワクチンが生成するには、約5ヶ月かかりますが

人に感染する間に、ウイルスは変化するので

ワクチンができる頃には別の変化してます。

これをズバリ当てるのは至難の技です。

結局、どうやって予防するかですが

免疫力を高めるのが一番

ビタミンCを多くとる

睡眠を十分とる

適度に運動する

ストレスを減らす

ポイント

インフルエンザは、免疫力アップで撃退しよう!!!

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする