とにかくTOEICの点数を上げる必要がある学生と社会人へ!

スポンサードリンク




とにかくTOEICの点数を上げる必要がある学生と社会人へ!仕事のグローバル化が進む中で企業は社員に対して英語力の強化を日々求めてます!今回はそんな方々に効率的に点数をあげる方法と仕事で求められている英魚力についてお伝えしたいと思います!それでは見てみましょう!

はじめに

あれだけTOEICをディスりながらwww

どうしても短期的に、または目的の過程で点数を上げる必要のある方に

コストパフォーマンス最大で、TOEICとの関わりを短期間にする為に

私が知っている方法、実績のある人を紹介して

無駄な時間を最小限にしたいと考えます。

要するに、目的達成の為の通過点としてどうしても

TOEICの点数が必要な人の為にまとめました。

目標:800点

設定理由、転職サイトを見てください

ほとんどの転職サイトで求められるレベルは、英語専用の先生や通訳の仕事で無い限りは

このレベルが上限となります。それ以上を求めてもいません。

TOEICが趣味、TOEICを使って仕事をする人以外はこれよりも

高い点数は不要です。

理由:日常的に英語する能力を仕事で要する外資ではTOEICの点数で

評価しません(目安として約800点は示しますが)

簡単な面接で自分の考えを的確に表現できるかを見ます

それは主にコミュニケーション能力を見ます(英語+考え方+表現力)

また、その様な会社に入って900点以上でも、会話がイマイチだったり

仕事能力もパッとしなかったらマイナス要因にすらなります。

必要な時間

現時点は400点として、1500H

学生ならば1日5Hの勉強で、300日(約1年弱)

社会人ならば1日2Hの勉強で、750日(約2年強)

*まずは、この時間を費やす決意(覚悟)を持つ必要があります。

覚悟が出来ない方は、時間がもったいないので

英会話の上達を目指して、寄り道せずに

オンラン英会話を直ぐにスタートしましょう!

教材

TOEICテスト公式問題集、TOEIC用の単語集(1000語レベル)

追加の模試は必要に応じて公式以外に、模試を2〜3冊

やり方

基本、毎日模試を解く、ひたすら解く
(1日の時間が限られているのでリーディングとリスニングを分けても良い)

出てくる単語は全て意味を覚える

目標:模試を時間内に満点を取るまで繰り返す

注意事項

私がたどったように、ノウハウコレクターにならない事

いろんな参考書を買ってひたすら解く

(経験したので言えますが、全く無駄とは思いませんが、効率が悪いです)

いろんなサイトと本を見てやり方を何度も変える。

800超えた時に気付いた方法は、

必要最低限の単語を覚えて模試をひたすら解くのが効率が良いのです。

これは、満点取得者も900点までは公式模試のみでもOKとすら言ってます。

超おすすめサイト

その1

ツウくんさんのサイト

TOEICの点数アップと英会話の上達方法について非常に詳しく解説されてます。

点数を取った後の大事な会話力も勉強方法があるので、点数達成後はそちらの

学習を進める事も可能です。

その2

700点前後から900点以上を目指す方(基本的な学習方法は同じです)

   アツさんは会話力も素晴らしいですね(他の動画で見れます、学校の先生よりどう見ても上!)

TOEICとビジネス英語の関係について

私の経緯

英語は基本的に好きな科目で、10年ほど前から読書で英語の本も読めたらなぁとの思いから多読を始めました。そうしている内に、世の中でTOEICが流行っている事、自分の英語力を何か客観的に図りたいと思い、試験を受け始めました。

最初は、400点台だった記憶があります。それから、テスト対策ではなく日頃の読書の成果を試す形で試験を毎年受けたのですが、數十点の上昇のみで500点台をウロウロしてました。

どこからか、本来の目的が外れて点数を取ることを目標とし、テスト対策をしたところ一気に100点以上あがり、最終的に800点台となりました。効果としてはビジネス英語の表現を覚えた事と、英文を早く読める様になった事です。

しかし、800点を超えた時に、ある違和感を覚えました。

「あれ!?このまま点数あげてもそれに見合った英会話が出来ない」(心の声)、むしろ点数が上がれば上がるほどそのギャップが広がるのではないかと・・・

そこで、選択と集中という事で、英会話力を伸ばすため、レアジョブで1日に1Hのレッスンを受ける事にしました。これは、外人に対する恐怖心や慣れを養うのと、言いたい事をどんな手段を使っても(どんな手段!?、幼稚な表現を使ってでも自分の意思、思いを伝えるって事です)言うのに最適でした。

今は、基本をしっかりしたいとの思いから、イングリッシュベルでDMEレッスンを受けてステージ9を受講中(ステージ12まであります)です。これは途中ですが、会話のレスポンスを上げるのとリテンションを上げるのに絶大な効果がありました。これで、P360では、外資基準の3.5以上が取れたと思ってます。

とは言え、英語はまだまだ入り口に立っている認識です。これからも多くの表現を学びビジネスだけではなく、世界の方々に日本の良さを知ってもらえるように精進したいと思います。

私の経験した教材

今まで、10年以上英語の勉強をしてきて色んな教材を購入し実践しました。今回はその効果について評価していきたいと思います。

実施教材

1)ロゼッタストーン

2)スーパーSIM

3)リスニングパワー(スコットベリー)

4)出る順パス単1級(スマホ)

5)英検王2級(DS)

6)TOEICテストDSトレーニング、もっとTOEICテストDSトレーニング(DS)

7)新TOEICテスト 文法問題を鬼の様に特訓するソフト

8)英語漬け、もっと英語漬け

9)スピードラーニング

10)英語漬けバイリンガシステム

本:英語喉、英語耳、闘耳、TOEIC公式、TOEIC攻略本、中学の教科書, 等

多読:児童書30冊、ハリーポッター、HOLE、等

どれも星で言いますと、下記以外は★★★です。

TOEIC公式、多読本各種:★★★★ですが、内容が良いのですが使い方に工夫が必要です。ビジネスではTOEIC公式を血肉の様にすれば実践でも行かせます、点数も上がります。また、多読本は何でも良いのですが、いろんな知識と英語を読む力がつくと考えます。

ただ、一つ大事な事があります。理解力やTOEIC、英検対応力は上がりますが正直、どれをやってもスムーズに話せる様になりません。

この唯一の方法は、会話をするしかありません。ゴルフで練習せずに、いきなり本当のコースに出るようなものです。ルールを理解し道具を準備するのがリスリングやリーディングに当たるかもしれません。

そこで今、最もコストパフォーマンスが高いのが、オンライン英会話になります。

理由として自分の好きな時間に、英会話学校に行くよりも安く1h/日以上話す事ができます。留学は臨場感もあり貴重な経験にはなりますが、1h/日以上話す相手がいるかと言うとなかなか難しいのではないでしょうか?(日本で日本人相手に1H話すことを想像したら理解できると思います。)

オンラン英会話も唯一注意する事があります。自分自信で目標を立ててやらないと効果が出ません。すなわち、何をしたいのかを明確にしそのレッスンを自分で組み立てる必要があります。受ければ自動的に話せる様になるものではありません。(外国人に対して度胸は付きますが)

最近は、この辺も改善されつつあります。以前受けていたレアジョブでは、Twitterで社長と偶然メールでやりとりする機会がありましたが、現状に甘んじずに実直に改善に取り組んでおられました。特に、当時なかった実力の効果を見るテストを導入したり、無料のテキストを様々な要望に合わせて用意したり、計画を組み立て安くなってます。

今はイングリッシュベルで、DMEレッスンを受けてますが、これはリテンションと反射を養うのに最高のプログラムだと実感してます。

皆様も自分にあった、オンラン英会話を見つけてはいかがでしょうか?

我々の成長してきた過程(日本語を覚えた)と同じで、会話から入った方か一気に能力を伸ばせると考えます。

勉強した事のある教材の評価

多読:★★★★

TOEIC:★★★

レアジョブ:★★★★★

イングリッシュベル:★★★★★

英語力とは?

英語力って何だと思いますか?

書くこと、聞くこと、読むこと、話すこと、これら全て4拍子揃っていること!?と想像しますが、実際に仕事で求めらる能力は・・・・理解し伝えることです。

これが本質です。

もちろん、全て揃っていれば英語力はありますし、場合によっては仕事も早くできる事でしょう、しかし日本語で出来ていない仕事は、英語力を鍛えてもできません。言語は、自分の考えを伝えるツールです。パソコンやソフトを使えても、何をしたいか、何ができるのか等を理解し、目的を達成する為のツールとして使用しないと、利益は生まれません。ここでの利益とはお金の事だけを言っているのではありません。誰かや自分に有益になる成果物のことです。

では、英語の資格は必要?TOEICの点数はどこまで上げるのか?

資格を取ったり点数を上げることにより給料が上がったり、ボーナスが出たり、転職する際の足切りにならない等に役に立ちます。また、サイドエフェクトの効果も高いと思います。たとえば、TOEICで900点、英検1級持ってますと聞いたら、足し算出来なくてもこの人は凄い人に見えてしまう(極端な例ですが)

しかし、本質、目的は何であるかを考える必要があります。

英語力を上げて、何をしたいかです。

英語の先生をしたい、外人の彼氏、彼女が欲しい、給料を上げたい、自慢したい等ありますが、その目的に必要なレベルを決めるのが、貴重な時間を有効に出来ると考えます。

ご参考まで私は、本を読みたい(学びたい)、日本の良さを伝えたい、仕事の効率を上げたいとなります。

実際に、相手に英語力があるなあと感じる、伝わるのは、会話力だと実感してます。では、どうやってこれを鍛えるのか?

私は、時間とコストを考えると、今はオンライン英会話が最適だと思います。

実践を積み、相手の言っている事を理解し自分の言いたい事を伝える練習を集中的にする。具体的には毎日1時間を最低1年間続ける。特に、ニュースや記事の等のテーマを読んで自分の意見を言う議論する、今日の出来事、今後の予定を分かち合うのは効果が高いと認識してます。

2年前にTOEICで800点以上であった時に、韓国に出張し英語でコミュニケーションしておりましたが、ほとんど片言英語でした。当然です、TOEICは読みとリスニングですから・・・上記を続けた後、2年ぶりに電話でお話する機会がありましたが、本当に会話が弾み、自分の言いたい事が短時間で伝わりました。その上達ぶりにかなり驚きを示され、その反応にニヤリとしてる自分がいました。まだまだ、理想とは差がありますが目的の一つでである仕事の効率が上がったのは事実です。

長くなりましたが。

要点:英語の上達には会話に集中する。

その為には、オンライン英会話を始めるのが早い(最低1年続ける)となります。

英語に限らず、何事も慣れるには1000H必要なので、3年続けるのが理想です。

さあ、いつ始めますか? 今でしょう!!!

関連記事

TOEICっていろんな意味で英語ビジネス!TEDとYouTubeで勉強可能!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする