日本の人口減少は大きな社会問題!移民受け入れは必須事項なのか?

スポンサードリンク



日本の人口減少(生産人口含む)の問題について

真剣に考える必要がありそうです。

毎年約100万人づつ減って行く日本の人口おいて

その改善策として良く言われているのは移民の受け入れです。

日本の移住権、選挙権等の考え方も大きく影響しますが

個人的には、移民の受け入れは賛成です。

しかし、日本の文化を学ぶ、愛する、つまり日本国民にとっても

プラスになる発想の方々でないと、後々問題になります。

私は、外資系に勤めているので40か国以上の人たちと

コミュニケーションする機会がありますが

日本に来ている大抵の方々は、非常に優秀で

基本的に日本に憧れたり、好きで来てます。

よって、その様な方であれば

日本の国益になるし、問題ないかと思います。

この前、フォーリーンラブのバービーさんが

言ってましたが、インドネシアでモテたと言ってました。

また、ブルゾンちえみさんも、ネパール人?だったかと思いますが

日本人以外の特定の国民、民族に異常に持てる

体格があるみたいなので、晩婚化の歯止めにもなるのではないかと期待してます。

農家の男子も継承者不足なので、もともと他の国の地元で

農家している女子を知り合い意気投合すれば

国際結婚も加速するのではないでしょうか?

もう少し受け入れる側の日本人も寛容になる必要があると思います。

日本は島国ですが、もともと大昔に大陸から

移動してきた人たちが移り住んだ人が作りあげた国です。

日本語、日本の文化を更に広げる為にも

積極的に優秀な外国人を受け入れて

強い国作りを進めるべきだと考えます。

しかし、これを見ると、そう簡単にはいかない気持ちになりますねwww

私の会社では、正直日本人より生産性の高いスタッフが

グローバル採用で入社してきてます。

正直頭も良いし仕事も早いです。

逆に日本人の人口不足と能力不足(特に英語)が露呈してます。

このYouTubeで述べられている、単純に安い労働力を

単純な経営的判断で連れてきて、景気の都合で国に返す

派遣社員の様に切り捨てる発想であれば

他の問題に発展するのも理解しますので、改善が望まれます。

日本は、日本語を覚えないとまともに暮らせません。

特に地方は、標識もほとんど日本語のみであり

英語を話せる人もいません。

よって、日本で快適に暮らすには、嫌でも日本語を覚える必要があります。

実は、これは日本にとってかなりのプラスです。

その方が母国に帰ったり、友人に日本を広めて

日本語が英語の様にスタンダードになったら

世界中から日本に直接、日本語で注文がきたり

日本製品が外国語の説明書や解説をしなくても使えて売れます。

これは生産性向上にも、我々の利益にも直結します。

能力の高い、そして日本で暮らしたい、日本語を覚えたい

日本の文化を堪能したい人には

ぜひ住んでもらいたいと思います。

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする