動画

100時間残業は違法?普通?過労死ラインを超える時間を労使が合意!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


先日、100時間残業について、労使で合意されました。

6ヶ月の平均が80時間/未満が条件との事です。

100時間残業って、稼働日が20だとしたら

毎日5時間残業ですね。基本労働時間が8時間だとしたら

13時間/日働く事になります。

過労死ラインが80時間/月の残業となれば

超えてますね。(オイオイ)

私は、残業代金は貰ってませんがこれに近い時間です。

まあ、正直疲れはしますが、生きてます(笑)

関連会社、友人の話を聞くと、私はそんなに多い方ではないので

世の中の実態は、もっと残業時間が多いかと思います。

政府も指導しながら進めてますが、実態に沿った施策をしないと

なかなか結果を出すのは難しいのではないでしょうか?

やはり、厚生労働省はもっと監視を厳しくして

抜き打ちで残業の実態を調査する必要があります。

おそらく、ほとんどの会社は36協定違反

残業時間は100時間以上が実態でしょう。

ヤマト運輸が常習化していた様に!

方法としては、

そんな事したら、利益どころか会社が存在できないほどの

規制か罰金を設定する、会社名前を公表する等があります。

そもそも残業を増やして、仕事をさせる発想をしている限り

生産性は上がりません。

正直、そんな生産性の悪い会社は

人にも社会にもよくありません。

社員の幸せを考えないで根性、精神論で過重労働をさせる経営者が

多いのが実態ではないでしょうか?

今の経営者を責めて、炙っても根本は変わらないので

ここは、知恵を出して

いかに少ない時間で最大限の結果を出せる

仕事をするかにフォーカスすべきでしょう。

未来工業さんは、残業0で如何に利益を

社員全員で分配するかを実施しているので、

一人一人が残業が利益を減らす悪の行為と(そこまで思っているかは?ですが)認識し、

必死になって基準時間内で仕事を

終わらせるやり方をしているといいます。

よって、長く時間かけるほど損をするシステムに

してはいかがでしょうか?

会社は残業代金は2倍の時給分を支払う、

サービス残業は、罰金または懲役!

ちょっとやりすぎかもしれませんがwww

おそらくそれ位のマインドチェンジをしないと

変わらないと思います。

人生で一番大事なのは、自分の時間です。

自分の貴重な時間を会社に費やすのは本当にもったいないです。

これは社長も従業員も同じです。

大抵の方は、生活があるので、どうしても働く必要がありますが

それは最低限にすべきです。全人類にとってです。

政府や社会の制度に頼っては、何も変わりません。

一人一人が意識と行動を変えて、自分にとって

一番大事な事に時間を費やせる様に、仕事の効率化をしましょう!

それは、鏡の法則で最終的には社会と自分の為となって、跳ね返ってきます。

何も考えずに音楽の様に聞いたらスッキリしますよ(しばらく頭の中で、イヤホイ!しますwww)

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。 スポンサードリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする