メガバングでリストラ!?エリートも失業する理油は?○○の普及と恐怖!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


メガバングでリストラ!?エリートも失業する理油は?○○の普及と恐怖!2017年10月にメガバンクが揃ってリストラを発表しました!およそ30000人以上の削減をうたったものであるが一体何が起こっているのか?他の会社や業種にどんな影響を及ぼすのか?我々の未来を予測してみます。

メガバングでリストラ!?

リストラと言う言葉だけを聞くと首切り?と

思われる方も多いかと思いますが

リストラは、リストラクチャリング

日本語では、再構築と言う意味です。

本来は、業務を見直して効率化を図る事全般を示し

その中の一つの施策として、工数削減を実施し

その過程で人員削減があります。

人員削減も配置転換や出向等がありますが

最悪の事態として首切りとなります。

この首切りがインパクトが強いので

リストラ=首切り みたいな意味合いで

捉えられる傾向が高い状況となってます。

今回メガバンクでは、人員削減を含む

大規模なリストラが実行されます。

とてもネガティブなイメージがありますが

実は少子化の過程においては

優秀な、必要な人員は

もっとも意義と意味のある職に当てるべきですので

銀行業務が市場原理と効率化で縮小する状況においては

むしろ歓迎する状況かもしれません。

エリートも失業する理由は?

ズバリAIの普及となります!

AIは今や将棋や碁の世界では人間が勝てなくなってます。

ゴールドマンサックスでは

”2000年に600人いた株式のトレーダーが、

今や2人になってしまった”という事実。

考える事が人間よりも既に勝ってしまっている状態です。

ちょっと前の映画の世界が既に目の前に広がっている状況に

若干の寒気すら覚えます。

エリートの判断が必要であった

融資のマッチング、年金、不動産の情報整理

M&Aの仲介等も膨大なデーターから最適な提案が可能となります。

お金の掛かるエリート銀行員はむしろAIの普及により

格好のターゲットとなり

居場所が真っ先になくなる候補になってしまいました。



銀行員だけではない!

これは、銀行員に限った話ではなく

ありとあらゆる業種、仕事でありえる状況となりました。

特に費用が掛かる高給の職種はピンチです。

裁判官、弁護士、医者等が対象でしょうか?!

会社でいえば全ての管理職も候補になります。

AIのプログラムとロボットが進化すると

もっとドラスティックとなり

ものの生産から人の管理まで可能となります。

最後は、人間が地球の害と判断されて

ターミネーターみたいな人間排除の

世の中になるかもしれません。

今から数十年前にターミネーターを考えた人は凄いなぁwww

AI時代を生き抜くには

では、どうやって今後の未来を生き抜くのか?

人間は感情の生き物です

その感情に訴えるようなサービスや仕事を考える必要がありそうです。

  • デザインや感性に関わる職種
  • スポーツ選手
  • 人間の趣味や嗜好に合わせた、敢えて人間のみが介入するビジネス
  • ロボットやAIを敢えて使わない100%人間で作ったヒューマンエラーもありのビジネス

食べ物で100%ナチュラルなって表現がありますが

数十年後には、100%人間って言葉があるかもしれませんねwww

別の視点では

AIとロボットを駆使した新しいビジネスも考えられます。

自分の考えを伝えて、それを実行するロボットがあれば

仕事をロボットに任せて

人間はずっと自分の好きな趣味や家族との

時間を確保できるかもしれません。

もしかしたらインターネットのビジネスモデルは

バーチャルの世界ではあるが既にその様になっている節もあります。

まとめ

メガバンクのリストラ報道により

AIの普及が一気に加速するし、他の業種も巻き込んだ

大きな変革を迎えようとしてます。

コストが掛かるエリート社員や管理職の仕事が

今後真っ先に奪われる可能性が高くなってきました。

AIに出来ない能力を身につけるか、その様な職種を選ぶ等

自己防衛が必要です。

実は、工場や業界によっては

少子化の対策にもつながるので必ずしもネガティブな

状況ではないと思われます。

逆にAIとロボットを組み合わせた新しいビジネスモデルを

作り出す絶好の機会ともいえます。

この変革の波に乗り遅れない様にしたいですね。

単なるリストラ(首切り)に合わない様に気をつけましょう。

関連記事

メガバンク・銀行が大リストラ時代に突入!社員の心境・取るべき行動は?

転職サイトの利用とそのメリットについて


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする