質問力を鍛える事で、自分の思うままに人を動かすことが可能!?

スポンサードリンク



質問力は、人間社会で暮らす限り

すべての行動と結果を導く大事な能力であると考えます。

会議で、的外れな質問者を見ると

周りの冷ややかな表情が伝わって来て

こちらが寒くなる場面がよくあります。

そんな事になるくらいなら

質問しないほうががマシです。

それくらい質問力はあたなの評価、評判に大きく影響します。

また、営業でも聞き方一つで

お客様のニーズを的確に捉える事が出来ます。

それでは、どの様に質問力を高めればよろしいでしょうか?!

それは、質問される人のニーズと立場を理解する!!!!につきます。

自分がその質問を受けた時にどう思うか感じるか

どの様な答えを求めているのかを想定する必要があります。

これが大事な理由は、大前提として

相手に不快な思いをさせない、感情的にさせない

そして自分の知りたい事を的確に手に入れる目的があります。

質問の仕方を間違って、感情的になった場合、

何も建設的な答えが返って来ませんし

お互いの今後の関係に溝を作る事になります。

最悪の場合は、今後お話できなくなるかもしれません。

それくらい大事です。

例えば、車の営業でお客様に対して下記の様に質問したとします。

パターンA

営業マンA: 本日は、ご来店ありがとうございます。お車をお探しでしょうか?

お客;そうです。

営業マンA;先日発売した**が展示してあります。ぜひご覧下さい。試乗も可能です。

お客様の気持ち;私の見たい車はそれではないのだけど。。。

パターンB

営業マンB;本日は、ご来店ありがとうございます。お乗り換えをご検討でしょうか?

お客;そうです。

営業マンB;今どの様なお車にお乗りですか?

お客;**です。

営業マンB;今回ご検討の車はどの様な点を重視されるでしょうか?

お客;家族でスキーやキャンプに行くので、荷物を多く載せれるスペースがあったらいいです。

営業マンB;やはりたくさん荷物を載せれた方がいいですよね。ご家族は、何人でしょうか?

お客;5名です。

営業マンB;5名まででしたら、**が荷物も詰めて、雪道の走破性も高く、

アウトドアには扱いやすい車ですが、ご覧になりますか?

お客様の気持ち;車両を見てもっと詳しく営業マンに聞いてみよう。

パターンAの場合は、よほど車両に魅力がないと二度と訪れないでしょう。

お客のニーズを理解してないので、的確な提案ができません。

パターンBはお客の使用用途を理解し、それに相応しい車両を提案してます。

ちょっと、極端な例ですが、現実でもよくある光景かと思います。

ポイント

質問するときは、自分が知りたい内容と目的を明確にし

相手の気持ちになって実行しよう。

質問力に神が宿る!!!

ぶりでした。今日も、ありがとうございます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする