神戸製鋼のデータ改ざんは内部告発で発覚?何が危険で注意が必要か!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


神戸製鋼のデータ改ざんは内部告発で発覚?何が危険で注意が必要か!日本の名門企業の不祥事が続いております!東芝・日産自動車・三菱自動車・そして神戸製鋼と!今回の改ざんは内部告発との噂もありますが一体何があったのでしょうか?その真相と我々が注意すべき事について確認したいと思います。

データ改ざんは内部告発?

結論から言うと、内部告発の可能性が非常に高いと考えます。

具体手に何のデーターをどの様に改ざんしたのかは公表されておりません。

ほとんどのデーターは取引先と秘密保持契約をしており

その取引先の要求に応じて部品を制作し納入してます。

神戸製鋼の場合は、その材料となる金属(主に、アルミ、銅、鉄)になります。

当初はアルミ、銅部品の4%相当との情報がありましたので

取引先から要求される特別な部品

(特に要求されるスペックが高いもの、強度、成分、腐食性等)が

考えられます。

となると、この情報を知っているのは

それを担当している社員でないとほぼわからないと思います。

また他に考えられるのは、取引先が独自に検査して

異常に気がつき、神戸製鋼に確認したらスペックを満たしていない

すなわち改ざんしていた事がわかった・・・

そんな状況が推測されます。

何が危険で注意が必要か!

ご存知の通り、神戸製鋼は日本を代表する大企業であり

多くの大企業とも取引をしており

使われている製品は膨大になります。

代表的な取引先

神鋼商事 三菱商事 トヨタ自動車 ゼネラル・モーターズ(GM)
フォード・モーター 日産自動車 本田技研工業 アルコニックス
阪和興業 ユナイテッド・ステイツ・スチール デンソー スズキ
日本高周波鋼業 高砂熱学工業 IHI
大林組 マツダ 神鋼鋼線工業 ロールス・ロイス・ホールディングス
丸一鋼管 GS建設 鹿島建設 ヤマハ発動機 スチールダイナミクス
白銅 三井造船 東テク
リケン アイ・テック シンド オルクラ フタバ産業 テクノ菱和
川崎重工業 西松建設 東洋炭素 アマテイ 大同特殊鋼
新興プランテック 暁星  マルカキカイ
淀川製鋼所 ミライアル 河合楽器製作所 トーヨーカネツ
イビデン 福島工業 阪神内燃機工業
ショーボンドホールディングス 東海カーボン
サムウォンスチール 加地テック 東京産業
神鋼環境ソリューション 浙江方正電機

そうそうたる企業です。

最新の発表では500社以上と言われております。

当然、この企業に収めた材料は部品となって

さらにその先の企業に納入し製品に使われるので

ネズミ算的に増えてきます。

おそらく数万社で詳細は把握不能というのが本音。

スポンサードリンク

どこまで危険なのか!

結論から言うと、今すぐ生命に関わる非常事態ではない!

(福島の原発事故の方がよっぽど問題と思います。)

なお、神戸製鋼を擁護しているわけではありません。

理由として

数十年、40年以上との情報があり

どんな不正であるかは気になりますが

世の中に出回って実績があ

それが原因となった大きな問題が起きていない。

*ただし、証明されないだけで起因している可能性はあります。

また、

特に輸送車両に関しては安全基準が厳しいので

基本的にはかなり高い安全率で作られております。

データーを改ざんする事は、

誠実なビジネスではありませんしやってはなりません。

試験そのものは正規品で、量産品を改ざんするという

悪徳な行為をしていたのであればこれは犯罪行為に匹敵します。

実はもっと心配している事

そ中国や他の国の材料は本当に

スペック通りまたは日本の規格ほどの材料なのでしょうか?

と言う事です。

また、神戸製鋼だけでなく他の日本の鋼材メーカーは

同じ不正をしていないのか?という事です。

日本の古い習わし、オールドジャパンの企業は

体質が官僚的になり、かなり腐敗している可能性があります。

そうなるとどこかで権力を持った人が

抜け道を利用し不正を働く事が考えられます。

他の企業が同じ過ちを犯してないと祈るばかりです。

まとめ

・データー改ざんの発見は、内部告発の可能性が高い

・今すぐ生命に関わる危険はない

ただし、使われている車両や製品によっては

安全性に問題がある可能性も0ではありません。

今後の情報は常にチェックするようにしましょう!

関連記事

神戸製鋼倒産の可能性は!?社員の給料はどうなる?取るべき行動は!

神戸製鋼復活の可能性とそのシナリオは?外資か国の支援[国税投入]か!

神戸製鋼社員の心境は!?倒産リスクと日々のニュースでどうなるか不安?


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする