英語ペラペラで、中身もペラペラは寒いです

スポンサードリンク



今日は、英語含めて言語について考えます。

終日、イランの方がいるので英語での会議となりました。

しかし、中にはサムライ的な方がいて、日本語を貫く方も数名

ある意味頼もしくも感じました。

*出席の大多数は日本人なので、情報をスムーズにシェアするには日本言葉がもっとも効率的です。

会議が終わった後、後輩が「英語の会議はいつも劣等感を抱えて終わる」と言っていたので

私は、「英語はツールなので日本語だけでも、やるべき仕事をしっかりしていたら自身持っていいよ」と伝えました。

「英語ペラペラでも、中身ペラペラの人がたちが実は問題ですよ」と

私のレベルでもうらやましがられますが、スタートラインに立っているかどうかの認識です。

これも、オンライン英会話で約1000H(毎日1Hでも約3年)ぐらいに達した自分が

最初の関門をくぐろうとしてい状況であるのは実感します。

しかし、とてもネイティブとマシンガントーク出来る状況ではありません。

これは、10倍の10000Hの領域かと思うと気が遠くなりますね(笑)

仕事力ならば

逆に、資料や仕事のやり方、見せ方を勉強した方が実際の業務に力が付くと思います。

やっぱり、ここで思い出すのが座右の銘「ペンは剣よりも強し」ですね。

ポイント

英語を話す、勉強する目的を明確に!

英語極めても中身がペラペラなら仕事にならないですよ。

ぶりでした。ありがとうございます。感謝です。
スポンサードリンク



スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする